岩岡印刷工業株式会社 > 品質向上への取り組み > 中綴編

qc_h1

中綴編

① 乱丁検査装置(バーコード)

刷本に設置したバーコードを読み取り、品名・折名の正しいものがセットされていることを判定します

不整合時は自動停止します

  • 乱丁検査装置(バーコード)
  • 乱丁検査装置(バーコード)バーコード

② 乱丁検査装置(CCDカメラ)

刷本の絵柄を撮影し見本画像と照合し正しいことを判定します

不整合時は自動停止します

照合する部分は他の折と区別しやすい部分(数字を含むなど)を選びます

  • 乱丁検査装置(CCDカメラ)
  • 乱丁検査装置(CCDカメラ)判定部分
    (例)

③ 厚み検査装置

丁合後の厚みを測定し、落丁や増丁がないことを確認します

厚み検査は天地/左右/のど部分の3カ所をチェックします

不整合時は自動停止します

  

  • 厚み検査装置

④ 刷本揃い検査装置

刷本の揃い具合をセンサーで判定します

天地方向のずれ・刷本の垂れ下がりがないことを確認します

不整合時は自動停止します

⑤ 針金形状検査装置(スマートステッチ)

針金(ステッチ)が適正な形状かを判定します

不具合時は自動停止します

  • 針金形状検査装置(スマートステッチ)

⑥ 仕上り寸法検査装置(トリムウォッチャー)

仕上げ断裁後の寸法が正しいか測定します

不具合品は自動排出されます

  • 仕上り寸法検査装置(トリムウォッチャー)
  • 仕上り寸法検査装置(トリムウォッチャー)
  • 仕上り寸法検査装置(トリムウォッチャー)仕上がり寸法が基準値であるかを判定

⑦ 重量検査装置

表紙クルミ後の重量を測定し、落丁や増丁がないか判定します

不整合品は自動排出されます

  • 重量検査装置
  • 重量検査装置検査結果モニタ

⑧ 外観検査

仕上がり後の製品の外観全体を専門要員が検査し、袋残りや文字切れ等をチェックします

  • 外観検査