岩岡印刷工業株式会社 > 会社案内 > 薄紙印刷とオフ輪の歴史

company_h1

薄紙印刷とオフセット印刷の歴史

歴史

当社と薄紙印刷の歴史を振り返る時歴史は遠くまで遡ります。当社は昭和50年10月に現代表取締役会長 岩岡勤(当時40歳)によって創業されました。岩岡会長は大学卒業後当社の前身にあたる、実父岩岡忠一翁が創業した岩岡書籍印刷株式会社に入社します。昭和32年のことです。忠一翁は52歳という若さで昭和27年に惜しまれ早逝します。

岩岡会長は幼少のころの思い出に白い馬に乗った憲兵が当時の工場に巡視しにきた事を思い出します。
その当時昭和15年頃帝国陸軍の歩兵操典、作戦要務令といった歩兵がポケットに入れ携行する本の印刷を行っていたことにまで遡ります。

当時はフィーダーもない手差しの活版印刷機。薄葉紙36.5g位の紙を印刷していたと記憶しています。このとき勤会長は父に「お父さんどうしてこんな手間のかかることをやるの?」という質問に忠一翁は「仕事は人の嫌がること、やりたがらない、手間のかかる仕事をするからいいんだ。みんなができる楽な仕事だったら仕事はうちにこないだろう。」と幼い勤会長に諭すように説明したといいます。
まさに当社の原点がここにあります。

歴史

昭和50年創業当初の竹間沢にあった本社工場。
創業当初のAT全判2色機。すでにUV乾燥を実現する。

薄紙印刷の歩み

  • 昭和50年自らの考えを世に問う気持ちで岩岡印刷工業株式会社を創業。昭和51年には生命保険の約款印刷をオフセット輪転印刷機で行います。
  • BFでは帳票類を中心に薄紙に印刷加工する技術が確立されつつあるなかまだまだオフ輪での薄紙印刷は他社に例を見ませんでした。通販業界の黎明期には無店舗販売と言われていた時代があります。このころ同じ郵送料で多くの情報量を盛り込むことは百貨店でいえば売り場面積が増えることと同じだと勤会長は言います。単色から多色へDM(ダイレクトメール)が新しい媒体として認知され始めたのが昭和50年代です。
  • 当社では通常B6判や新書判を印刷するB横全判4色機に765㎜幅の紙を通して縦180㎜×左右180㎜のサイズを得意としていました。このころ42gを4色印刷していました。
  • しかし時代はA4判をJIS規格としDMの主流サイズはA4判を巻き三つ折りしたサイズに変化していきました。
  • 流れ方向のサイズが固定されるオフ輪はサイズ変更が最も弁慶の泣き所です。
  • 昭和の終わりは当社にしては珍しく薄紙に熱心な時期ではありませんでした。42gを平均に印刷していた時期です。
  • 平成に入り今ではあまり耳にしなくなりました「コアコンピタンス」自社の強みを再構築する動きが製造業では喧伝される時期がありました。
  • 当社も積極的に取り組み自社の強みが薄紙への多色印刷と分析しました。
  • 時期を同じくお取引先から36g薄葉紙への印刷の検討依頼がありました。440㎜幅の特別サイズの紙への印刷はハードルの高いものでした。
  • 以降経験を積み重ね平成17年には印刷機械の改良から特許を取得。
  • 平成18年には20g薄葉紙への印刷に成功します。

オフ輪のイワオカ

オフ輪のイワオカ

昭和55年作成の当時の会社案内より抜粋

そのルーツは、20数年前のある出来事にさかのぼります。ヨーロッパを訪れた現社長・岩岡 勤は、ミュンヘンでアメリカからヨーロッパに導入された2台目のオフ輪を目のあたりにしました。思えば運命的な出会いです。教科書・参考書の多色刷りとコストダウンを模索していた岩岡は、そのとき、オフ輪こそ一生のパートナーであると心に決めるのです。以来、昭和41年には我が国の中堅印刷企業のトップを切って多色オフセット輪転機を導入。大手と競合しない特色ある機械の開発と需要創造を熱望してきた岩岡の、印刷人としての、それは独自の境地開拓への第一歩でした。オフ輪の勇姿、メカニズム、大いなる技術開発の可能性、そしてその回転音までが岩岡をとりこにし、「独創的な製品づくり」「主義主張のある製品づくり」の追求への情熱を高めたのでした。めざすは加工オフ輪。今日に至る大手さえ未着手のその高度な技術への挑戦は、こうして始まったのです。
40年代初期はまだオフ輪の黎明期。技術的な問題が山積していました。そんな中で、岩岡はオフ輪の先進地アメリカで先端技術に接し、その刺激を加工オフ輪の開発に昇華させていきます。
そして昭和50年、岩岡印刷工業(株)設立。すでに数台のオフ輪を自ら開発していた岩岡は、岩岡印刷工業の発足と同時にさらに精力的に印刷加工機の自社開発に取り組んでいきます。以来、開発に開発を重ね、ついに到達したのがBYS4/4オフセット輪転機です。従来の機械2台分を一緒にした能力を持ち、薄紙印刷が可能で、しかもミシン加工とさまざまな折出加工を同時にやってのけるというこのオフ輪機は、構想から完成までに要した歳月5年、従来機の3倍強の重量、既存の最高級機の2~3倍の開発費と、日本に1台しかない破格ずくめのウルトラマシーンです。この画期的なオフ輪の開発により、イワオカの技術はいっそうの飛躍を見ることになりました。
しかし、これは当社がめざす加工オフ輪すなわち“インライン・フィニッシング・システム”の一応の到達点にすぎません。本格的な市場開発はこれからであり、インライン・フィニッシング・システムへの挑戦はまだまだ続きます。がイワオカは、その時点で最高の製品をお客様に提供できるという秘かる確信を持っています。いまやオフ輪は岩岡ひとりのものでなく、全社員の力を結合する武器となっているからです。このパワーで、私たちはベストを尽くし、ユーザーのために一歩先を見つめながら製品づくりに励んでまいります。